×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






「相場で儲けるための考え方」

投資家(投機家)の目的はただ一つ。
金儲けそのものであり、売買はその手段である。

相場の見込みが当たるのは50%!?
後の50%は、はずれるものだ!?

しかし、相場の技術で当たる50%の確率を
高めように努力しつつ、はずれる50%の確率を
極力下げるように持って行きます。

また、同じ50%の確率であったとしても
@当たったときの株数が多くして、
はずれたときの株数を少なくする。
A当たったときの値幅を大きくして
はずれたときの値幅を小さくする。

簡単に言えば、利益の乗った株はできるだけ
利を伸ばし、損失になったものはすかさず
切って落とすことが必要である。

相場が上に行くか下に行くかは
誰にもわからない。
わからないものにエネルギ−をつぎ込むぐらいならば
売買方法に注目したほうが賢明である。
売買の仕方を研究すれば
見込みが当たっても、はずれても利益が出せる
ようになります。


もう一度占う HOMEに戻る