×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


大切な売買のコツ

相場をやる上での基本的な考え方
相場とは他人との競争ではなく、自分自身の欲望や恐怖に打つ勝つことが大切
相場で損をするのは自分の考え方が間違っているからである
相場を上達するには、正しい方法を知り、そして実行することである。
絶好の買い場と思っても資金の1/2までにとどめよ!
「相場のカネと凧の糸は出し切るな」という相場格言がある。どちらも出し切ってしまうと収拾がつかなくなってしまう。資金に余裕を持つことは相場をやるうえで、どれほど良い事かを言うまでもない。しかし、実際には、ここで勝負とばかりに資金一杯に買った株に限って、大きく下がって投げるにも投げられない事態を招くことが多い。少しの株数ならば、損切りしても痛手が少ないが、大玉となると損失が大きすぎて決断できない。そう思っているうちに、更に下がって最悪の結果になってしまう。
相場は、明日もあり、有望銘柄は星の数ほどあるので、ここで一気に儲けようと
思わないことである。
建てた玉が5%逆に行ったら切る!
大体、買いにしろ売りにしろ、ここが絶好の買い場または売り場と思って玉を建てるわけですが、意に反して、買値や売値から引かされることが往々にしてあります。ここで、「そんなはずはない!」「絶対戻るはずだ」と頑張ってしまうと相場は自分の買値や売値からますます離れて行ってしまいます。そうならないためにも我慢の限界をあらかじめ決めておくことが大切です。それでも限界まで引かされても決心が付かないことがあります。そんなとき、嫌でも損失を切ってくれるのが、「逆指値注文」という注文方式です。現在では、日興ビ−ンズ証券など3社が「逆指値注文」が使えます。
株で大儲けする夢は持たない!!
世間一般では、株式投資というと「濡れ手に粟」とか「一攫千金」または「不労所得」というイメ−ジを持っている人が多い。しかし、これらは、「はなはだ見当違い」だと言ってよいでしょう。努力しないで良い結果が生まれるわけはない!世の中、そんなに甘くないのである。努力しても必ずしも報われるとは限りませんが、努力した分だけ上達することは可能である。大儲けしようと思えば思うほど、大損の危険が出てきます。「相場上達の即効薬はない!」階段を一歩一歩上るように着実に利益を積み上げていくことが大切です。
保ちあいは悪いと思え!
保ちあいとは、相場が上にも下にも行かない状態である。「保ちあい」というと、人間の向上心からか、「保ちあい後は上伸!」という希望を持ちやすい。だから、動かないうちに買っておこうとなるのだが、それはやめたほうがよい。保ちあいは「良くも悪くもない」のではなく「悪い」のであるから。だから、保ちあいは「売っておけ!」と言われる。相場が大きく上昇するにしても、一旦、下に下がって「上じゃなかった。下だった。」と思わせておいて、投げ物が出たところを拾って、相場が騰がることが多い。いわゆる「騙しの下げ」であり、相場が上昇するための「弾みをつける目的の下げがある」ということを覚えておきたい。相場は、騙しあいであり単純ではない。
やさしいやり方を覚えてやさしく取れ!
相場で儲けるには、いろいろな方法があります。長期投資でじっくり株を持つ人や一日に何回も売買をするデイトレ−ダ−のような超短期売買をする人もいます。どの方法がいいか悪いかは、自分にあった売買方法で利益が出るかでないかが重要です。相場のプロや上手な人は、取りやすい銘柄でやさしく利益を取っている。一回では大した利益でなくても、確実に何回も取ることで大きな利益になっていく。いわゆる「勝ち癖をつける」ということに通じます。勝ち癖がつくと「やることなすことがすべてがいい方向に向かう」ものである。

HOMEに戻る